新築一戸建 不動産診断(土地+建物)

新築住宅
 
新築住宅とは、完成後1年未満の物件であり、未使用の住宅のことですが、「未使用」だからといって安心はできません。 新築住宅の欠陥(不具合)に関する相談は多く、なかでも施工業者への苦情が最も多いのが現状です。
 
弊社の新築住宅の不動産診断では、土地と建物に関して「劣化・欠陥」、「リスク」、「資産価値判定上の問題点」、「トラブルの元」の各要因に基づく内容を診断し、その結果をそれぞれA(良好)・B(普通)・C(不良)の3段階で表示します。 各要因については、外壁・基礎などの項目毎に診断した結果と、まとめとしての総評がありますので、物件の取得に際してお客様が「重視する要因」と、「多少ならば目をつむる要因」別に、その程度を把握することが可能です。 


※不動産診断における床下・天井裏の診断項目では、点検口から目視できる範囲に限ります。床下・天井裏へ潜っての点検はオプションサービス(別途費用)となります。費用はお問い合わせください。 

診断項目

区分 要因 診断内容
土地 資産価値判定上の問題点 土地の形状
接道状況
環境悪化施設の有無
地勢
トラブルの元 境界杭の埋設状況
越境物の有無
隣接地の利用状況
用途地域
日影規制
リスク 敷地の高低差
擁壁及び塀の状況
土地変遷(過去の状況)
活断層の有無
その他の危険性
建物 劣化・欠陥 屋根の状態
外壁の状態
基礎の状態
外部設備等の状況
室内設備の状況
扉・窓の状態
内壁の状態
床の状態(傾きなど)
雨漏りの有無
天井裏・床下の状態(点検口より目視できる範囲)
リスク 防犯性
耐震上の安全性
利用上の安全性
トラブルの元 高齢者対応(バリアフリー)
 

対象となる地域 

日本全国で実施いたします。
ただし、場所によっては別途交通費等を要する場合がございます。
必ず事前にお見積もりを取得の上ご確認ください。 

費用

新築戸建住宅 87,000円(税抜)
※土地面積が300㎡以内で、建物の延床面積100㎡以内、地階含め3階までのもの
(上記以外は別途お見積もりとなります) 
※床下・天井裏の診断項目では、点検口から目視できる範囲に限ります。床下・天井裏へ潜っての点検はオプションサービス(別途費用)となります。費用はお問い合わせください。 
※不動産エコ診断の診断項目(ホルムアルデヒド、TVOC、放射線、電磁波、水質、騒音、結露)をオプションとして、1つから付けることができます。(別途費用)
その他のオプションはこちらから→オプション一覧

使用機器

新築住宅の不動産診断では、次の機器を使用します。
検査をする際に機器を使うからこそ、主観によらない客観的な状態の把握が可能になる面もあるのです。

オートレーザー 【目的】室内の水平や垂直を確認します。
オートレーザー

デジタルレベル 【目的】床等の傾きを正確に測ることができます。
デジタルレベル

デジタルスケール 【目的】高さや距離を正確に測ることができます。
デジタルスケール

クラックスケール 【目的】外壁や基礎のクラック(ひび)幅を正確に測ることができます。
クラックスケール

鉄筋探知機 【目的】見えない部位の鉄筋の有無を知ることができます。
鉄筋探知機

含水率計 【目的】木材の含水率により、木材の腐朽やシロアリの危険性、漏水の可能性を知ることができます。
含水率計

 

 

ご依頼の流れ

不動産診断のQ&A

このページの先頭へ