建物や宅地の診断を弊社では不動産鑑定士が行います

不動産鑑定士による不動産診断インスペクションプラス
それは安心と信頼の証です。

サービス内容

診断以外のサービス内容

アプリ:傾きチェッカー
アプリ:騒音チェッカー
アプリ:方角チェッカー
重要事項説明書の見方と注意点
売買契約書の見方と注意点

弊社サービスの特徴

弊社の診断は、建物のみではなく宅地も含んだサービスが標準サービスです
上記でおわかりのとおり、弊社の標準サービスは「建物」の劣化検査・欠陥調査だけではありません。
宅地についても建物についても、いずれも住まいの購入において、事前に知っておくべき重要な内容と考えているからです。

建物の不具合検査だけで安心できますか?
みなさんが住まいの購入に際して知っておくべきことはたくさんあります。
実際にそこに住み始めてから気づくのでは遅いのです。

住まいの安全を確かめたいならば、ぜひ弊社サービスをご利用ください。
弊社では、不動産鑑定歴20年、建築士であり住宅性能評価も行う専門家が診断を行います。長年不動産業に従事している専門家の目を通し、安心の住宅購入をしませんか。

代表挨拶(メッセージ)

建物検査を実施する意義とは

よくあるご質問

Q:そもそもお金をかけてまで診断するメリットがあるの?

壁の診断 「欠陥があれば不動産業者が教えてくれる」、「欠陥は一般の人でも内覧時に分かるのでは?」、「後日不具合が出てきても不動産業者が何とかしてくれる」と思っている方が多いのかもしれません。
弊社のサービスをご利用になった多くのお客様は、検査をすることで欠陥・劣化を知りたいだけでなく、「その欠陥で将来どのような不具合が発生するか」「その劣化について、将来どのような対策をとればいいのか」といった将来のための安心材料とされていました。また、売主でも把握していない欠陥について、「購入前に修理してほしい」という交渉にも役立っています。
壁に入った一本の筋より、「もしかしたら雨水の浸入があるかも」と判断できるのは、やはり資格者ならではの判断なのです。


Q:新築なら診断しなくてもいいのでは?

「新築物件だから欠陥なんてない」と思っていても、新築にも「不具合」があるのが現実です。
床の傾き 公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが発表した住宅相談統計年報2014では、新築住宅のトラブルに関する相談として、「修補」(損害賠償を含む)が60.9%を占めました。なお、こちらのセンターに寄せられた新築等相談15,203件のうち、雨漏りやひび割れなどの不具合が既に生じている相談件数は8,988件、59.1%にもなっています。


Q:不動産診断って何?建物検査や住宅診断と何が違うの?

床と壁のゆがみ 不動産診断とは、適確な検査・調査に基づき不動産(土地・建物・周辺環境)の状態や良否に関する意見を述べることです。従来の住宅診断や建物検査とは違い、不動産診断は土地・周辺環境も診断する点に違いがあります。
弊社では、不動産鑑定歴20年、建築士の資格を持ち住宅性能評価も行う「不動産のプロ」が不動産診断を行います。

保有資格(認定資格含む)
・不動産鑑定士
・二級建築士
・宅地建物取引士

・赤外線建物診断技能師 / 財団法人職業技能振興会
・既存住宅現況検査技術者 / 一般社団法人瑕疵担保責任保険協会
・外壁診断士 / 一般社団法人全国住宅外壁診断士協会
・住宅インスペクター / 住宅長期補償支援センター
・住宅メンテナンス診断士 / 同上
・電磁波調査士 / 住環境測定協会
・室内空気測定士 / 同上

・被災建築物応急危険度判定士 / 埼玉県
・被災宅地危険度判定士 / 埼玉県

Q:住宅の購入時に、売主の業者さんがサービスで行う建物検査や住宅診断とは何が違うの?

壁のゆがみ 弊社はあくまでも第三者の立場による判断を行います。売主さんがサービスで行う住宅診断では、どうしても売主側の視点に立った判断をしがちです。弊社は売主、買主どちらかに偏った視点でのチェックはせず、「その不動産が現在どのような状態か」を公正中立に判断します。

売主さんへ(ご協力のお願い)


Q:住宅購入を予定してるけど、もし欠陥が見つかった場合、売主側に直接交渉してもらえるの?

申し訳ありませんが、弊社から売主側への直接交渉は、国土交通省のガイドラインの指導に基づきお断りしております。(買主様から売主側への交渉をお願いしております。)


このページの先頭へ